2010年5月アーカイブ

過払い返還請求の話

大阪の法律事務所のサイトを見たりしていると過払い請求の体験談とかが掲載されている事があるんです。これを見てみるとなかなか興味深いものになっていました。

ある人はサラリーマンで、給料は毎月60万貰っていたみたいなんですよね。しかし毎日飲み歩きをしていたせいで、気がつくと借金をしていて、その返済に毎月追われるようになってしまったみたいなんです。自営業とかをしていて仕方なくというのではなくて、これは明らかに本人の無計画が原因じゃないかと思ったんですけど、この場合も返還請求をする事ができたそうですよ。つまり、借金の原因は過払い金には関係がない。ギャンブルや浪費が原因でもOKのようです。

その人は結局数年間にわたって借金を返済しおえたそうなんですけど、これも金利が実は法律で定められた利率の限度よりも高かったみたいなんです。そして法律事務所に相談をして請求を行った結果、200万もの過払い金が返還されたみたいなんです。
本人はすごく喜んでましたよ。借金を返済するためにすごく苦労していたみたいですから、その分が返還されたという事で貯金ができたというのがすごく嬉しかったみたいですね。まじめに返済をしていた甲斐があったというものです。

まあ、借金をした理由は何であれ、金利を高く支払っていたのであれば請求が出来るので、臆することなく挑戦するのが一番なんじゃないかなと思います。

デメリットとしては、信用情報機関の登録、いわゆるブラックリストがあります。かつては、JICCという信用情報機関では、「契約見直し」という登録がされ、このような情報の登録があることで、借り入れの申し込みの際に不利益を受けるようなことがありました。しかし、契約見直し情報の登録は、2010年4月19日に廃止され、すでに登録されていた契約見直し情報もすべて削除されました。つまり、現在では、過払い請求にはほとんどデメリットはないということになります。ただし、ひとつ注意が必要なのは過払い金の請求をしようとして司法書士等に依頼したけれども、実は過払いではなかったような場合には、「債務整理」という情報が登録されてしまいます。これには注意が必要です。

この不況の影響で、借金をしながら生活をしている人が激増しているみたいですよね。

ちょっとでも生活が楽になるためには、借金をしないのが一番なのですが、借金をしたせいで利息を支払わなければならなくなって、利息の支払いのせいでまた生活費が足りなくなりまた借金をする、という繰り返しで、苦しい生活を送っている人が多いのが現状です。

借金を借金で返す自転車操業状態になってしまった場合、整理する方法はいくつかあります。ひとつは、自己破産です。返済はまったく不可能という人、たとえば生活保護を受けているような人にはお勧めの方法です。また、古い借金の場合、時効にかかって返済義務がないということもあります。こんな場合は、時効の援用通知というのを業者に内容証明郵便で送ります。他に、任意整理という方法もあります。これは、司法書士などに依頼して、利息制限法で現在の借金を計算し直し、計算後の債務を分割払いするという交渉をしてもらう方法です。計算の結果、過払いになっていることもあります。過払いになっている場合には、任意整理の手続きの一環として、司法書士が返還の請求をしてくれます。

実際に過払い請求をした人の話を聞いていると、意外とあっさりと返還をしてくれるみたいですよ。結構ややこしい問題になるのかなと思っていたのですが、拍子抜けするくらいにあっさりと早く問題を解決することができるのでできるのでしたら、信頼のおける専門家に依頼して、早い目にしたほうがいいですよ。最近は倒産するサラ金も増えてきているようですので。

みなさんはキャッシングローンやクレジットなど、
お金を借りていますか。

借りたことがないならいいですよね。
住宅ローンぐらいしか借金はないという方もいると思います。

でも、どうしても、お金が必要なときがありますよね。

そういう時は、消費者金融やキャッシュローンでお金を借りたり
することもあるでしょう。

私も、以前リストラにあい、ちょっとの間仕事を失っていたことがあり、考えて蓄えはしていました。

でも、急な病気にかかり、蓄えだけでは足りず、
仕方なく消費者金融かお金を借りました。

すでに全額返済していたので、忘れかけていたんですが、
最近過払い請求と言うのが話題になり、そこでちょっと考えました。

我に返って考えてみると、結構払っていたのでは??
そう思って、いざ相談所へ。

大阪では無料なところが多いので、すぐにそちらへ相談。
そうすると結構な額が返ってきそうだといわれました。

金額が高額だったので、面倒になることも覚悟で、
請求をお願いしました。

任せておくと、意外にもすんなりといき、お金が戻ってきました。

手数料は取られましたが、すごく簡単で、何十万も返ってきたので、
本当に良かったです。

迷わず相談してみるもんですよね。

私が大阪で過払い金返還請求をした経験

今日はみなさんに過払い金返還請求をした経験話をしたいと思います。私は消費者金融にお金を借りていました。そこで借りたのはいいのですが、返すのが大変でした。カードは4枚あり、大手の業者ばかりでした。毎月1社につき2万円以上を支払い、5年以上も払い続けてまだ終わらないのだろうかと疑問もありましたが、もし払わなければ取り立てがくるだろうという不安がありました。
しかし、生活も苦しくなったのである知人に相談して大阪の弁護士を紹介してもらいました。大阪では力になってくれる先生がいっぱいいるそうです。それを聞いて私も安心して相談してみました。するとそれは過払い金返還請求ができますよと言われました。何のことかわからず、説明を受けたら借金を少なくすることができると聞きました。私は信じられませんでした。ずっと払い続けるものだと思っていましたから。弁護士がきちんと手続きをしてくれてそして生活も少し楽になり、今では借金もなくなりました。もう2度と借金をしないようにしたいと思いました。大阪の先生に本当に感謝しています。みなさんも是非気になったら相談してみてください。

お恥ずかしい話ですが今だから話せると思って話します。私は大阪で過払い金返還請求をしたことがあります。なぜそんな大阪までと思いますが、これが大阪ではかなりの実績のある弁護士が多数いると聞きました。そこで調べてお願いをしたのです。簡単にお金が借りれると思っていろんなところで借りてしまったのが原因でした。そこで返済が大変になって借金がまったく減らない状態になってしまいました。そこで弁護士の方に相談すると過払いができるますと言われました。この過払い金というのは消費者金融業者に払いすぎた利息のことをいいます。それを利用して借金がかなり少なくなり返済がしやすくなりました。早めに相談してこれはよかったって思います。返済が終わって10年経ってしまったら、時効にかかり、取り戻せなくなるそうです。
過払いになっているかどうかは、専門家でも取引の明細をもとに、専用の計算ソフトで計算しないと分からないそうです。だからみなさんの中で今までに消費者金融に借金を5年以上していた方は、もしかしたら払いすぎている可能性もありますから、一度相談してみるといいですよ。私もこれで楽になれました。

信販会社でも、戻ることはあるらしい

私は大阪に住んでいまして、
借金はしていないつもりでした。
しかしある人に聞いたらそれは借金だよって・・・
自分が借金してたとは・・・ちょっとショックでした。
車を購入したときにもらったカードがたまたまあったので、
それを利用してキャッシングをしていたのです。
これが借金だという認識はありませんでした。
といってももう数年前の話で、返済は終わっています。
ですから今は特に問題ないと思っていたのですが、
その教えてくれた人がお金が戻ってくるかもしれないよと・・・
信販会社でも、戻ることはあるんだよと・・・

へぇー。そんな方法があるのということで調べてみたところ、
過払い金の返還請求について詳しく説明しているサイトをみつけました。
なんか難しそうだし、と思いましたがやるだけやってみようと
まずは借入をしていた会社に借入履歴を送ってもらいました。
このとき借りていた金利が利息制限法を超えていれば
返還される可能性があると・・・

あとは業者に返還請求をするだけです。
意外に簡単ですよね。

ただし借入履歴の請求や、返還請求について
個人相手だとなかなかスムーズに取り扱ってくれない場合も
あるようです。
費用はかかりますが、法律事務所を利用したほうが
確実ですし、費用分の価値はあると思いますね。

友人の借金の話

サラ金に払い過ぎたお金の返還請求をした経験ということで
私が、知り合いの司法書士に頼んで行った過払い金返還請求の
お話をさせていただきます。
過払い金返還請求と言えば弁護士に相談すると聞いてはいましたが
私には弁護士の知り合いなどいなかったし、もちろん地域の役所で
無料相談があるのでそこで相談に乗って貰うのも良いかとも
思いましたが、とりあえず事が事なので知り合いに相談したわけです。
正直、その友人は幼馴染や親友と言えるような人達から
次々に借金をして金融機関やクレジット会社、サラ金に
返済していましたからみんなから嫌がられていました。
でも私には決してお金を貸してほしいと言わなかったのです。
理由は分かりません。
私が人一倍お金に関してシビアだということを多分見抜かれて
いたのだと思います。
過払い金返返還請求のことを彼女に教えたのが私です。
大阪で子供を抱え夜の仕事をしたりして借金の返済を
していた彼女の生活がいつまでたっても楽になっていないようだったので
見るに見かねて彼女の背中を押したわけです。
簡単に自己破産という言葉を口にする彼女を私は司法書士の
知り合いに彼女を会わせ何とかしようと思ったのです。
結局、金融業者側がなかなか過去の取引の明細を開示しなかったり、
請求の一部しか支払わないと言ってきたりで、長い間かかりましたが、
最終的には訴訟手続きを取りなんとか解決しました。
彼女のその後はどうかというと3年前、彼女は一回り年下の男性と
再婚して第2子を出産し幸せに暮らしています。

このアーカイブについて

このページには、2010年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年4月です。

次のアーカイブは2010年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。